膝の痛み専門スタジオ KNEEJOINT.NET

膝の痛みは治るのか

完全マンツーマンで膝のお悩みを解決していきます。

膝痛解消までの施術について

その場で結果を出します。

症状の原因を1つずつ深く追及し、それをお客様に分かりやすく絵や図を使い親切丁寧にお伝えします。

お客様に関する情報を収集・分析し、自立した日常生活を営むために解決すべき課題の把握後、気を付けた方が良いこと、ご自宅で行っていただくプログラム等をホワイトボードに書きだし、それら全てを写真に撮ります。

写真に撮ったものはその場でプリントアウトしお客様にお渡しするので、ご自宅に帰られてから、「何を言われたんだっけ?」、「何をすれば良いんだっけ?」となることはありません。

なぜ膝がいたくなりやすいのか?

膝関節にかかる負担は、歩行時は体重の2~3倍、階段昇降時は体重の6~7倍、走行時は体重の10倍程度と言われています。体重50㎏の人でも日常生活時に膝関節にかかる負担は100㎏を超えます。100㎏以上の負担が常に加わっているので、関節の中にある軟骨や骨、靭帯等に損傷が加わりやすくなります。

また、骨や軟骨、靭帯等は年齢とともに代謝が悪くなってしまうため、わずかな損傷でも治癒までの期間が長引くことが多くなり、やがては関節が変形してきてしまいます。

膝が痛くなる主な原因とは?

「変形=痛み」ではありません。変形がひどい方でも痛みが無くなったり、減ったりする方を非常に多く見てきました。では、痛みの主な原因は何かというと、それは「滑膜炎」です。

わかりやすく言うと、「炎症」です。膝関節の中にある半月板や軟骨等に傷がついたりするとその部位を治そうと滑膜細胞が増殖して、いわゆる炎症(滑膜炎)を起こします。この滑膜という組織には神経がたくさんあるため、増殖により摩擦を受けたり、関節の中で挟まったりすると痛みを感じるようになるのです。

膝の施術の流れ

1.カウンセリング

カウンセリング

アンケート結果から得られた情報をもとにカウンセリング

膝の痛みのの原因の追求をします。

2.視診・触診・徒手検査

視診・触診・徒手検査

身体チェックと原因組織の追求

3.超音波検査

超音波検査

視診・触診。徒手検査に加えて、超音波検査装置を用いて、原因部分の炎症性変化をチェックします。

4.施術

施術

原因と疑われる個所の痛みを緩和させていきます。

5.プログラム

ストレッチ伝授

セルフストレッチの方法を伝授

痛みの原因を丁寧に説明させていただき、セルフエクササイズをご提案します。

運動されている様子を撮影しプリントアウトしてお渡しいたします。

電話する